ハツラツ HaTsu RaTsu | 日本の軍歌、行進曲を音楽としてたのしむ

歩兵の本領


1911年 (明治44年)
作詞:加藤明勝  作曲:永井建子







〜歩兵の本領の歌詞〜
歩兵の本領の歌詞にはいくつかのヴァージョンがある。
1.
万朶の桜か襟の色 花は吉野に嵐吹く 大和男子と生まれなば 散兵戔の花と散れ
 (万朶の桜か襟の色 花は墨田に嵐吹く 大和男子と生まれなば 散兵戔の花と散れ)
2.
尺余の銃は武器ならず 寸余の剣何かせん 知らずやここに二千年 鍛えきたえし大和魂
 (尺余の銃は武器ならず 寸余の剣何かせん 知らずやここに二千年 鍛えきたえし武士の魂)
3. 
軍旗まもる武士は すべてその数二十万 八十余か所にたむろして 武装は解かじ夢にだも
 (軍旗まもる連隊は すべてその数二十万 七十余か所にたむろして 武装は解かじ夢にだも)
4.
千里東西波越えて 我に仇なす国あらば 港を出でん輸送船 暫し守れや海の人
 (千里東西波越えて 我に仇なす国あらば 横須賀出でん輸送船 暫し守れや海の人)
5. 
敵地に一歩我踏めば 軍の主兵はここにあり 最後の決は我が任務 騎兵砲兵 協同せよ
6.
アルプス山を踏破せし 歴史は古く雪白し 奉天戦の活動は 日本歩兵の粋と知れ
7.
携帯口糧あるならば 遠く離れて三日四日 曠野千里にわたるとも 散兵戦に秩序あり
(携帯口糧あるならば 遠く離れていく日露 曠野千里にわたるとも 散兵戦に秩序あり)
8.
退く戦術われ知らず 見よや歩兵の操典を 前進前進また前進 肉弾とどく所まで
9.
わが一軍の勝敗は 突喊最後の数分時 歩兵の威力はここなるぞ 花散れ勇め時は今
10.
歩兵の本領ここにあり ああ勇ましの我が兵科 会心の友よさらばいざ ともに励まんわが任務
(ああ勇ましの我が兵科 会心の友よ来たれいざ ともに語らん百日祭 酒盃に襟の色うつし)


〜歌詞のふりがな〜
1.
ばんだのさくらかえりのいろ はなはよしのにあらしふく
やまとおのことうまれなば さんぺいせんのはなとちれ
 (ばんだのさくらかえりのいろ はなはすみだにあらしふく
やまとおのことうまれなば さんぺいせんのはなとちれ)
2.
しゃくよのつつは ぶきならず すんよのつるぎなにかせん
しらずやここににせんねん きたえきたえしやまとだま
 (しゃくよのつつは ぶきならず すんよのつるぎなにかせん
 しらずやここににせんねん きたえきたえしぶしのたま)
3. 
ぐんきまもるものふは すべてそのかずにじゅうまん 
はちじゅうよかしょにたむろして ぶそうはとかじゆめみだも
 (ぐんきまもるものふは すべてそのかずにじゅうまん 
しちじゅうよかしょにたむろして ぶそうはとかじゆめみだも)
4.
せんりとうざいなみこえて われにあだなすくにあらば 
みなとをいでんゆそうせん しばしまもれやうみのひと
 (せんりとうざいなみこえて われにあだなすくにあらば
 よこすかいでんゆそうせん しばしまもれやうみのひと)
5. 
てきちにいっぽわれふめば ぐんのしゅへいはここにあり 
さいごのけつはわがにんむ きへいほうへい ちからせよ
6.
アルプスやまをとうはせし れきしはふるくゆきしろし
ほうてんせんのかつどうは にっぽんほへいのすいとしれ
7.
けいたいこうりょうあるならば とおくはなれてみかよっか
こうやせんりにわたるとも さんぺいせんにちつじょあり
(けいたいこうりょうあるならば とおくはなれていくにちろ
こうやせんりにわたるとも さんぺいせんにちつじょあり)
8.
しりぞくせんじゅつわれしらず みよやほへいのそうてんを
ぜんしんぜんしんまたぜんしん にくだんとどくところまで
9.
わがいちぐんのしょうはいは とっかんさいごのすうふんじ
ほへいのいりょくはここなるぞ はなちれいさめときはいま
10.
ほへいのほんりょうここにあり ああいさましのわがへいか
えしんのともよさらばいざ ともにはげまんわがにんむ
(ああいさましのわがへいか えしんのともよきたれいざ
ともにかたらんひゃくにちさい しゅはいにえりのいろうつし)


作詞は当時の陸軍中央幼年学校(のちの陸軍予科士官学校)第10期生であった加藤明勝が在校時に制作し、1911年に中央幼年学校の百日祭で発表された。
『歩兵の本領』の原曲は、1901年に製作された旧制第一高等学校の寮歌『アムール川の流血や』の流用とされていたが、 実際の原曲は陸軍軍楽隊の学長である永井建子が、1899年に出版した『鼓笛喇叭軍歌 実用新譜』内で発表されている軍歌『小楠公』である。
秀作であったためのちに同校だけでなく帝国陸軍全体に波及し、日本を代表する軍歌のひとつとして広く愛唱されるようになった。 戦前はもちろん、戦後はGHQによって一時期は禁止されたがその後も人気は高く、レコード化もされ様々なレーベルから発売された。
なお、上陸した米軍部隊との攻防戦(サイパン島の戦い)の末に日本軍守備部隊の大半が全滅(玉砕)したサイパン島において、 日本軍守備部隊の全滅後も、同島の最高峰であるタッポーチョ山のジャングル地帯に立てこもって最後まで米軍部隊に抵抗し続け、 1945年8月15日の終戦から3か月半後の同年12月1日に正式に米軍に投降した、大場栄陸軍大尉が指揮する集団の兵士たち(米軍への投降時の人数は、大場大尉を含めて47人)は、 タッポーチョ山を下りて投降式典会場となった米軍基地まで向かう際に、本曲を全員で歌いながら行進した。
その様子は映画『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』(2011年)にも表現されている。

単純なメロディーの良い曲なので、本当に歩兵が行進する際に適した曲である。散歩の際に口ずさむと足取りも軽く快活な気分になる曲だろう。




ハツラツHatsuRatsu TOP PAGE


Copyright (c) 2013 hatsuratsu. All Rights Reserved.